著者情報

オキタ

沖田弥子

山形県在住。 2017年よりWEBに小説を投稿しはじめる。2018年より連載を開始した「みちのく銀山温泉 あやかしお宿の若女将になりました」でアルファポリス「第2回キャラ文芸大賞」大賞を受賞。2019年、同作で出版デビューに至る。好きなものは犬と兎。

エタニティブックス執筆作品

身代わり花嫁は俺様御曹司の抱き枕
エタニティブックス・赤
寝具会社に勤める、何もかも平凡なOL・瑞希。彼女はある日突然、姉の代わりに花嫁修業を受けることになった。姉の許婚は、瑞希の幼なじみでもある、大企業の御曹司・瑛司。見た目も肩書もハイスペックな彼の不眠症を解消することが、花嫁修業なのだという。早く修業を終わらせるべく、あの手この手で彼を眠らせようとする中、唯一効いた方法が――なんと彼女自身を「抱き枕」にすることだった! 仕方なく、瑛司に抱かれながら一夜を共にした瑞希だったけれど、やがて「花嫁だから」とカラダの至るところをいじられ始めて……?
---
アルファポリス著者情報ページ