著者情報

カナタ

奏多

2013年に出版デビュー。2016年より奏多名義でTLジャンルに挑戦中。イケメンが切なく悶える物語が好き。

エタニティブックス執筆作品

それは、あくまで不埒な蜜戯にて
エタニティブックス・赤
<エタニティブックス・赤>

それは、あくまで不埒な蜜戯にて (単行本)

奏多 /

超多忙なIT企業に勤める一楓。彼女はイケメン社長・瀬名の右腕として働いている。彼は高校時代の同級生で、かつて、訳あって一夜を共にした因縁の相手。しかし、あの夜はすでに過去のこと。そう封印した一楓は、彼の下で仕事に没頭してきたのだけど――。ずっと何もなかった顔をしていた彼が、ある日突然、ケモノに豹変!? とろけるほど甘い言葉と手つきで迫られ、一楓は動揺とドキドキを抑えられなくて……。不器用女子と執着系社長の極上ラブロマンス。
---
アルファポリス著者情報ページ