著者情報

ヨシザクラミキ

吉桜美貴

2010年10月より小説を書きはじめる。興味の対象は道化と神話と精神分析。好物はパスタとワインと肉。綺麗な海でシュノーケリングするのが好き。いつかイルカと一緒に泳ぎたい。

エタニティブックス執筆作品

君だけは思い出にしたくない
エタニティブックス・赤
<エタニティブックス・赤>

君だけは思い出にしたくない (単行本)

ハウスキーパーとして働く二十六歳の凛花。ある日彼女は、社長から異例の住み込み仕事を依頼される。それは、スキャンダルで行方不明中のイケメン実業家、若御門遼介の生活全般の世話をするというもの! 驚きつつも、破格の報酬を約束された凛花は、社長の期待に応えるべく単身山奥の豪邸を訪れる。そこで待っていたのは、一生に一度の激しい恋だった。遼介という人間を知るたびに、凛花は強く惹かれていく。同時に彼から向けられる視線に同じ熱情を感じ、二人は狂おしいほどの愛に溺れていくが……。この恋は、今だけの甘い夢? わけあり実業家と万能ハウスキーパーの魂を揺さぶる濃密ラブ!
---
ラスト・プロポーズ
エタニティブックス・赤
<エタニティブックス・赤>

ラスト・プロポーズ (単行本)

一流商社で派遣社員として働く珠美は、同じ部署のエリート社員・伊達に片想い中。しかし、伊達を前にすると緊張して失敗を連発し、彼を怒らせてしまう、という悲しいループにはまっていた。この調子では、好いてもらうなんて到底無理……と諦めかけていたところ、故障したエレベーターに閉じ込められ、二人の仲は急接近!? なんと伊達も、前から好きだったと告白してくれて、二人は付き合うことになったのだ。嬉しい反面、予想外の展開についていけない珠美だけど、彼の激しい愛情と淫らな指に、次第に溺れていき――? 大人な彼の悩殺フェロモンにノックアウト!
---
待ち焦がれたハッピーエンド
エタニティブックス・赤
<エタニティブックス・赤>

待ち焦がれたハッピーエンド (単行本)

勤めていた会社を解雇され、貯金もなく崖っぷちの美紅。とにかく食い扶持を得なければと考えた彼女は、ある大企業の秘書面接を受けることを決意する。そうして挑んだところ、実はこの面接、CEOの偽装婚約者を探すためのものだった! しかも、なぜかその場で即採用と言い渡されてしまう。相手となる日系ドイツ人のディーターは冷酷非道な野心家で、美人女優たちと数々の浮名を流す人物。あまりにも胡散臭い話だと訝しむ美紅だが、破格の報酬を提示された上、体の関係も求められず、二週間フリをするだけでいいと聞き、この話を引き受けることに。それなのに、彼は眩いほどの色気で美紅を魅了し、時に甘く、時に強引にアプローチを仕掛けてきて……?
---
アルファポリス著者情報ページ