著者情報

ユキトザック

雪兎ざっく

福岡県出身。2015年より小説の執筆をはじめ、2016年に「好きなものは好きなんです!」で出版デビューに至る。ヒロインが幸せになる小説が大好き。

エタニティブックス執筆作品

勘違いからマリアージュ
エタニティブックス・赤
<エタニティブックス・赤>

勘違いからマリアージュ (単行本)

長年憧れていた上司の大輔に、寿退社すると誤解された天音。本当の退職理由は全然違うのに、瞬く間に噂は広まり、訂正できないまま最終日を迎えてしまう……。その日の送別会でも、さんざん祝福された天音はヤケになり、記憶を失くすまでトコトン呑んだ。そして翌朝目覚めたら、なんとそこは大輔のベッド!? 訳がわからず慌てる天音だけど、彼は強い口調でこう言う。「俺が守ってやる。好きでもない相手と結婚する必要なんかない」愛の告白のような台詞を囁かれ、一瞬は舞い上がるものの、また別の、しかも大いなる勘違いをされているような――? 始まりは勘違い。でも、この恋は本物! 逆転サヨナラ・ハッピーエンドストーリー。
---
愛され上手は程遠い!?
エタニティブックス・赤
<エタニティブックス・赤>

愛され上手は程遠い!? (単行本)

学生時代の苦い経験から、異性が苦手なOLの夕夏。彼女はある日、誰もが見惚れるような美形男性と知り合う。いつもなら、拒否反応から思考も体もフリーズしてしまうものの『こんな素敵な人が、自分の人生に関わることは絶対にない』そう確信したら、安心して楽しく話すことができた。すると……なぜか彼から熱烈アプローチが!? 最初は、イケメン様のお戯れ、と思っていたのだけど、彼はどうやら本気の様子。甘く過激な言葉で口説かれ、際どいスキンシップで迫られ、気づけば彼のペースで翻弄されて――? 鈍感な彼女と俺様エリートの暴走☆らぶらぶストーリー。
---
プリンの田中さんはケダモノ。
エタニティブックス・赤
<エタニティブックス・赤>

プリンの田中さんはケダモノ。 (単行本)

人の名前を覚えるのが極度に苦手なOLの千尋。彼女は突然、部署異動を命じられ、危機的状況に陥っていた。ただでさえ名前を覚えられないのに、異動先の同僚たちはろくに自己紹介してくれず、話しかけようとしても忙しいせいか冷たい……。そんな中で悪戦苦闘していたら、一人の社員から救いの手が! 彼は千尋の悩みを理解し、きちんと自己紹介するとともに、大好物のプリンまでくれたのである。こうして千尋は彼を『プリンの田中さん』と、しかと記憶したのだった。以来、彼は千尋を気にかけ、度々お菓子をくれるように。しかしある時、いつもは紳士的な彼の態度が豹変!? 今度は千尋が、美味しく頂かれてしまい――?
---
アルファポリス著者情報ページ